神奈川県中小企業・小規模企業感染症対策事業費補助金発表!

座間市にあるエアコンサービスです。
5月19日から受け付け開始の神奈川県中小企業・小規模企業感染症対策事業費補助金発表されました。
補助金の詳細はこちらをクリックしてください。神奈川県のホームページに行きます。

さて、今回は、どのようなものが対象になるかといいますと、

  • 感染症拡大防止事業
  • 非対面ビジネスモデル構築事業
  • ビジネスモデル転換事業

となっております。

細かい情報は下記のとおりです。

感染症拡大防止事業

対象事業

アクリル板、換気設備、加湿器等の導入が対象となります。

補助上限額

100万円
※工事を伴う換気設備を導入する場合は200万円まで

補助率

補助対象経費の3/4以内

非対面ビジネスモデル構築事業

対象事業

非対面ビジネスモデルの構築及びそれに係る広報を実施する事業と非対面に資するITサービスを導入する事業が対象となります。

補助上限額

100万円

補助率

補助対象経費の3/4以内

非対面ビジネスモデル構築事業

対象事業

新たな商品の開発又は生産、新サービスの開発又は提供、商品の新たな生産方式又は販売方式を導入する事業が対象となります。

取り組み例

自動車部品製造業を行っていたが、福祉介護用品製造に参入するための製造設備の導入など

補助上限額

3,000万円
※補助対象経費200万円以上の投資が必要

補助率

補助対象経費の3/4以内

となっております。

ただ、喜んでばかりはいられません。申請書類や報告書は結構大変です。

申請書類

補助金概要はこちらをクリックしてください。

交付申請に必要なものは、下記のとおりです。

  1. 様式1 補助金交付申請書
  2. 様式1-2 役員等氏名一覧表
  3. 様式1-3 補助事業計画書
  4. 様式1-4 経費予算書
  5. 添付書類等
    • 申請するすべての経費の「見積書【写し】(パンフレットやカタログ等も可)」
    • 「②施設工事費」又は「ウェブサイトの改修」を申請している場合、「工事前の現況写真【原本】」又は「ウェブサイトの画面をURLが分かるように出力したもの【原本】」
    • 法人:「貸借対照表及び損益計算書(直近1期分)【写し】」+「履歴事項全部証明書又は現在事項全部証明書(申請書の提出日から3か月以内の日付のもの)【原本】」を添付していますか。
      個人:白色申告者は「収支内訳書(1・2面)【写し】」、青色申告者は「所得税青色申告決算書(1~4面)【写し】」を添付していますか(直近1期分)。
    • (許可が必要な業種)「営業許可証等【写し】」
    • 「感染防止対策取組書を店頭等に掲示している写真【原本】」
    • 様式等のデータが格納されたCD-R

1,2は記入するだけなので、そんなに難しいことはありませんが、3がポイントです。経営計画などの記載も必要になりますので、自分の事業の見直しやこれからどうしていくかなども考える必要があります。コロナを乗り切るための事業を推進していくために、県も補助することは補助して、自分で考えることはしっかりと自分で考えてやりましょう!というスタンスです。補助金を受けるのにも覚悟が必要となります。

当社のスタンス

当社は、補助金採択の実績もございます。エアコンサービスとして、換気設備のお手伝いを行います。空気循環のみならず、空気清浄の効果を持っている機器も対象となる場合がございます。もちろん、エアコンも大丈夫です。

是非一度、当社にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA